失敗しない新築マンション購入術

スッキリわかる、耐震、制震、免震の違い

この記事が少しでもお役にたちましたら、シェアをお願い致します。

スッキリわかる、耐震、制震、免震の違い

マンション探しの条件に地震対策の要素を加えることはもはや必須事項と言えるでしょう。

タワーマンションのような高層建物に住むのであれば、地震対策がしっかり考慮されたマンションを選びましょう。本記事では現在のマンションに使われている3つの耐震技術の違いを説明します。

スポンサーリンク

耐震とは

耐震とは、柱や梁を太く、壁を厚くすることで地震の揺れに耐える構造のことです。

耐震構造

マンションの倒壊は防げますが、揺れ自体は防げません。地震の揺れは上層階になるほど大きく揺れます。

日本で建築される全てのマンションは建築基準法の耐震基準をクリアしなくてはならないので、この構造はマンションにおける標準的な仕様と考えてよいでしょう。

制震とは

制震(制振)とは、柱や梁、壁などに油圧ダンパーなどの制振装置を組み込むことで、地震の揺れを吸収する構造のことです。

制震構造

耐震構造と比べると揺れは少なくなります。タワーマンションで良く採用されている構造です。

免震とは

免震とは、建物と基礎部分との間にゴムなどの特殊装置を付けて、建物に地震の揺れが直接伝わらないようにする構造のことです。

免震構造

耐震や制震よりも揺れは少なくなります。揺れると非常にゆっくりとした横揺れになるのが特徴的で、中には船酔いのように感じる人もいます。

地震に対しては一番強い構造ですが、台風などの日も横揺れしてしまうのが弱点です。

また、装置のメンテナンス費が高くつくため、この構造を採用しているマンションは修繕積立金が高くなる傾向があります。

まとめ

最近はこれらを組み合わせることで高い耐震性を実現しているマンションが数多く見られます。タワーマンションのような高層建物に住むのであれば、地震対策がしっかり考慮されたマンションを選びましょう。

スポンサーリンク

この記事が少しでもお役にたちましたら、シェアをお願い致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
スポンサーリンク