失敗しない新築マンション購入術

マンション内近居のススメ

この記事が少しでもお役にたちましたら、シェアをお願い致します。

マンション内近居のススメ

今、政府が推進している三世代同居。ニュースでもチラホラと見かけるようになりました。それと関係して分譲マンションでは「近居」というスタイルが徐々に注目されつつあります。

都心のマンションで親、子、孫の三世代が緩く助け合いながら生きていく、まさに現代版のサザエさん家がそこにはあります。

スポンサーリンク

マンション内近居というライフスタイル

いくら親子といっても同居はハードルが高い、生活サイクルも違う、ある程度のプライバシーは確保したい。でも離れて住んでいると何かと不便、不安、近くに居た方がお互いにとって良いことは分かっている。

そんな家族が、ほどよい距離感を保ちながら、互いにメリットが得られるのが近居です。普段はそれぞれの生活を送りながら、必要な時だけお互い顔を合わすというライフスタイルです。

国土交通省によると、近居とは「住居は異なるものの、親世帯と子世帯が日常的な往来ができる範囲に居住すること」なんだそうですが、スープが冷めない距離などと昔からよく言われていますよね。

この近居を、同じマンション棟内で行うのがマンション内近居というスタイルです。

親世帯と子世帯が同じ階に住む、お隣同士というケースもありますし、少しプライバシーを考慮して別々の階に住むというケースもあります。

タワーが何棟もある大規模マンションの場合には、親世帯と子世帯がお隣の棟に住んでいるというケースもよくあります。

マンション内近居のメリット

このマンション内近居という住み方、実に様々なメリットがあります。

子育て世代が働きやすい

同じマンションに住む親世帯に子供の世話を頼めば、子育てをしている世代は働きやすいでしょう。仕事で少し遅くなっても、保育園のお迎え時間を気にすることも無くなりますし、幼稚園や小学校から帰ってきた子供を祖父母の家で待たせておくこともできます。

特に子共の緊急時に直ぐ対応できるところが良いところです。

家族の顔がよく見える

将来的に親の介護が必要になった場合、同じマンションにいる子世帯は対処がしやすいでしょう。また、介護がまだ必要のない親世帯にとっても、子世帯が近くに居てくれるだけで、病気やケガなどの「いざ」という時の安心感が違います。

しかしなにより、祖父母がいつでも孫の顔を見れるのが嬉しいことですよね。

他人に頼みくいことが頼める

例えば、旅行に行くので植物やペットの世話をしておいて欲しいなど、ご近所さんには気軽に頼めないことでも、近居の家族になら頼めます。

経済的にお得

スーパーなどで食材をシェア買いすることもできますし、多めに作ってしまった料理をお裾分けすれば家計も浮きます。

1台の車をシェアすることもできますよね。車の購入費用、維持費、駐車場台を折半すればかなりお得に暮らせると思います。

資産に柔軟性がある

例えは悪いですが、将来、親が他界した後は、親が住んでいた物件を柔軟に生かせます。売却もできますし、他人に貸して賃料収入を得ることもできます。親の住戸に子が移り、今住んでいる住戸は大きくなった孫の新しい家族に譲ることでも良いですよね。

2世帯同居用の住宅を買ってしまうとこれができないんですよね。

分譲マンションで2世帯同居をやろうとすると、かなり広めの物件を購入することになりますが、あまり大きな物件には買い手や借り手が付きにくいことを考えると、標準タイプの物件を2つ持っていた方が何かと有利です。

自治体の後押し制度

政府が2015年3月に発表した「少子化社会対策大綱」には、三世代同居や近居を促進するための環境整備が盛り込まれています。これを受けて、最近は近居を促すための助成制度を設けている自治体が増えてきています。

以下の表はマンション内近居をする場合に使える(使えた)各自治体の助成制度です。

自治体 助成制度と補助 備考
東京都北区  親元近居助成   
最大20万円を支給
東京都千代田区  次世代育成住宅助成 期間8年(1年毎に減額) 
最大8万円(1年目)を支給
東京都品川区  親元近居支援事業 1ポイント1円 
最大10万円分の地域ポイントを支給
千葉県千葉市  三世代同居等支援事業 最大15万円(2、3年目) 
最大50万円(1年目)を支給
千葉県習志野市  親元近居住宅取得促進助成   
最大10万円を支給
千葉県四街道市  三世代同居・近居住宅支援事業   
最大100万円を支給
埼玉県熊谷市  三世代ふれあい家族住宅取得等応援事業   
最大25万円分の商品券を支給
埼玉県幸手市  しあわせ3世代ファミリー定住支援事業   
最大50万円を支給
埼玉県春日部市  ふれあい家族住宅購入奨励事業   
最大20万円分の商品券を支給
神奈川県綾瀬市  三世代ファミリー定住支援補助金 +定住補助10万円×3年間 
最大70万円を支給
神奈川県二宮町  同居・近居推進事業   
最大80万円を支給
秋田県男鹿市  親元近居同居支援事業   
最大50万円を支給
茨城県ひたちなか市  三世代同居等支援住宅助成金交付事業   
最大15万円を支給
岐阜県大垣市  子育て世代近居支援事業   
最大6万円を支給
石川県加賀市  三世代ファミリー同居・近居促進事業   
最大30万円を支給
石川県白山市  三世代同居・近居促進事業 +15万円(県外からの転入) 
最大30万円を支給
石川県能美市  三世代ファミリー同居・近居住宅促進事業 +15万円(県外からの転入) 
最大30万円を支給
石川県中能登町  三世代ファミリー同居・近居促進事業 +15万円(県外からの転入) 
最大30万円を支給
大阪府大東市  三世代同居・隣居・近居の支援補助   
最大50万円を支給
大阪府高槻市  3世代ファミリー定住支援事業   
最大20万円を支給
大阪府岸和田市  三世代同居近居住宅支援事業   
最大50万円を支給
大阪府高石市  二・三世代同居等支援事業   
固定資産税の軽減
大阪府富田林市  近居同居促進給付事業   
最大30万円を支給
兵庫県神戸市  親・子世帯の近居・同居住み替え助成事業 +10万円(市外からの転入) 
最大10万円を支給
兵庫県川西市  親元近居助成制度   
最大20万円を支給
兵庫県三田市  子育て世帯親元近居助成事業   
最大30万円を支給
兵庫県稲美町  親元近居新築住宅取得支援   
最大18万円分の商品券を支給
奈良県奈良市  三世代同居・近居住宅支援事業   
最大20万円を支給
奈良県天理市  三世代同居、近居のための住宅費用助成   
最大20万円分の助成券を支給
和歌山県有田市  三世代定住等支援事業   
最大20万円を支給
広島県広島市  三世代同居・近居支援事業   
最大10万円を支給
福岡県久留米市  転入ファミリー定住奨励補助 都市圏からの転入+近居 の場合
最大30万円を支給

内容や支給要件は自治体によって異なりますが、もしマンション内近居を考えているのであれば、これを活用しない手はありません。

これから先、上記以外にも助成を行う自治体が出てくると思われます。是非、お住まい(予定)の自治体の情報を一度チェックしてみて下さい。

狙い目の物件はあるか?

マンション内近居をしようと思ったとき、狙い目の物件はあるのでしょうか?

同じマンション棟内に若い世代向けの住戸と、老夫婦向けの住戸が用意されている物件ならありますが、残念ながら現時点では、マンション内近居をずばりメインサービスにした物件はありません。

親子で同じマンション内に近居すると住戸購入価格が割引になるプランがあっても良いと思うのですが・・・

私が営業マンだった頃、親子で別々に2住戸契約してくれた家族に、2世帯分の諸費用をサービスしたことがあります。諸費用といってもマンション本体価格の5%~10%ですから、結構な割引額になったと思います。

竣工時期が近くて、売れ残っている住戸が2、3つあるマンションはもしかすると狙い目かもしれませんね。

親子で2住戸契約するから割引きして欲しいと交渉すれば、案外すんなり通るような気がします。営業マンとしては売れ残り物件が一気に捌けて、願ったりかなったりですから。

まとめ

私の親は仕事で全国を転勤するサラリーマンだったので、私自身、祖父母といっしょに暮らしたことはありません。サザエさん家とは真逆のスタイル、核家族という言葉を当たり前のものとして育ちました。

私も兄弟達も就職や結婚を機に独立して、普通に親元を離れていきました。現在も住んでいるところは全国バラバラです。

なのに何故だか、家族はいっしょに居るべきだと思う自分がいるんですよね。不思議です。いっしょに居ると鬱陶しいのに、離れてしまうと心配になる、家族とはそういうものなのかもしれません。

この少子高齢化が進む日本の現状を見ていると、何だか「マンション内近居」というものが様々な問題を解決する新しい解のようにも思えてきます。

家族ノカタチは人それぞれかもしれませんが、この近居というスタイル、あなたはどうお考えになりますか?

スポンサーリンク

この記事が少しでもお役にたちましたら、シェアをお願い致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
スポンサーリンク