失敗しない新築マンション購入術

マンション抽選会、勝利の女神は2度微笑む

この記事が少しでもお役にたちましたら、シェアをお願い致します。

マンション抽選会、勝利の女神は2度微笑む

1つの住戸に申込みが殺到してしまった場合は抽選で購入者を決めることになります。

この抽選に当選しないとマンションの売買契約の権利を得ることができません。果たしてあなたは当選できるのか?マンション抽選会がどのように行われるか詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

抽選会場

抽選会は申込み登録の締切日、またはその翌日に行われるのが一般的です。土曜日や日曜日に開催されることが多いですね。

この抽選会、特に参加義務はありません。仕事で行けないという人も結構います。行けない場合は営業マンに結果を連絡して欲しいと伝えておけばOKです。後で抽選結果を電話で伝えてくれます。

抽選会場はいつものマンションギャラリーです。パイプ椅子がズラッと並べられ、一番手前に長机とガラポン抽選器が置かれます。

ガラポン抽選器とは商店街の福引でよく使われる回すと玉が出てくるやつです。

マンション抽選

抽選操作に不正がないように、会場へ来てくれた人に立会人をお願いすることもあります。抽選器の手前に座っていると指名されますので、我こそはという人は会場の最前列に座ってみてください。

抽選方式

住戸の抽選には2通りのやり方があります。

住戸別抽選

住戸数が少ない小規模マンションで採用される抽選方式。住戸1つずつ抽選します。

同倍率同時抽選

住戸数が多い大規模マンションで採用される抽選方式。同じ倍率の住戸をまとめて一度に抽選します。

例えば倍率3倍住戸の当選番号が「1」だとすると、各住戸で申込み番号1番の人達全員が倍率3倍住戸の当選者ということになります。

倍率優遇とは

通常、ガラポン抽選器には1人につき玉1個が入れられます。当たる/当たらないの確率は五分五分です。

しかしあなたに倍率優遇が付いている場合は当たる確率が少し上がります。

倍率優遇というのは、販売業者が開催するイベントやセミナーに足繁く通ってくれた人にポイントを付与する制度のことです。(倍率優遇制度は業者によって内容が異なります)

早い時期から何度も足を運んでくれていた人に特典を付けているわけですね。

これは、真剣にマンション探しをやってきた人の倍率と、締切日にフラッとやって来て冷やかしで申込みをする人の倍率が同じでは不公平だという考え方です。

もし倍率優遇5倍であれば、抽選器に玉が5つ入れられ、通常の場合よりも抽選に当たりやすいようになっています。

少し前まではダミー登録という営業マンの裁量で抽選倍率を水増しする手法が使われていた時代もあったのですが、透明性を欠くという理由で現在は廃れつつあります。

倍率優遇も倍率の水増しという点でやっていることは同じですが、購入者の意思で当選確率を上げられるようになった点がダミー登録とは違うところです。イベントやセミナーに参加する/しないは購入者側の判断ですからね。

もちろん玉の数が4倍、5倍になっていても外れるときはハズれます。あくまでも確率上の話なので玉1個の人が当選することだってあり得ます。

抽選器には細工がありません。ハズれた場合は運が悪かったと思うしかないでしょう。

抽選にハズれた場合

抽選に当たった人はおめでとうございます。そのまま契約手続きへ進みましょう。

抽選に外れてしまった人は誠に残念ですが・・・と気を落とすのは少し待ってください。当選者がキャンセルする可能性があります。

本契約直前に気が変わった人、ローン本審査に落ちてしまった人、買い替え物件が売れなかった人、家族の反対にあって頭金が用意できなくなった人、など理由はさまざまですがキャンセルは発生します。

キャンセルが出るのは早くて数日、遅くても1ヶ月ほど。キャンセルが出た場合は営業マンが直ぐ連絡しますので少しだけ待ってみてください。

思わぬ掘り出し物

抽選に外れて思わぬ掘り出し物に出会うということもあります。

マンション棟内にモデルルームが作られる場合、このモデルルームは実物の住戸でもあるのでいずれ売りに出されます。

もしこの住戸があなたが欲しがっていた住戸と同じタイプのものだったらどうでしょう?営業マンは抽選で外れたあなたにまず連絡をします。

もちろんモデルルームとして使った住戸なので少しオマケをします。値引きすることもありますが、よくあるのはモデルルームの家具を全てプレゼントする方法。

モデルルームの家具は結構良いモノですからお得だと思いますよ。

まとめ

販売業者が開催するイベントやセミナーは参加無料ですから行って損はないでしょう。少しでも抽選を有利にしたいのであれば倍率優遇制度を活用してみてください。

スポンサーリンク

この記事が少しでもお役にたちましたら、シェアをお願い致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
スポンサーリンク