失敗しない新築マンション購入術

押さえておこう、住宅ローンの種類と金利タイプ

この記事が少しでもお役にたちましたら、シェアをお願い致します。

押さえておこう、住宅ローンの種類と金利タイプ

たくさんあるように見える住宅ローン商品も整理してしまえば数種類のパターンしかありません。

住宅ローンは自分の人生プランに合わせて選ぶのが鉄則ですが、単に金利の安さだけで選ぶのではなくトータルで見てお得なものを選ぶことが重要です。

スポンサーリンク

住宅ローンの種類

住宅ローンの種類は3つしかありません。

銀行ローン

銀行や信用金庫などの民間金融機関がやっているローンです。

最近はネットバンクなどが台頭してきて金融機関同士の競争が激化しており、いろんな特典がついている住宅ローン商品があります。

フラット35

独立行政法人の住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携してやっているローンです。

申込み窓口は民間の金融機関になります。一口にフラット35と言っても各社で金利や手数料が異なります。銀行ローンよりも審査基準がゆるいので、自営業からサラリーマンの人まで幅広く利用されています。

フラット35については以下を参照

こっそり教える、フラット35の優れている点
全期間固定金利タイプの代表格と言えばフラット35ですが、銀行ローン商品よりも優れている点がたくさんあります。ローン審査基準が少し緩いため、銀...

財形住宅融資

お勤め先で財形貯蓄をやっている人が借りられるローンです。

借りられるお金は財形貯蓄残高やマンションの本体価格にもよりますが、上限4,000万円まで借りることができます。

銀行ローンやフラット35でお金を借りて、足りない分を財形住宅融資で借りる併用パターンの人が多いですね。

金利タイプ

ローンの金利タイプも3つしかありません。

変動金利タイプ

世の中の経済情勢にあわせてローン金利が変わるタイプです。

変動金利タイプ

現在の日本(2015年時点)は超低金利状態ですので、今契約すると一番金利が安くなるタイプです。しかし経済情勢が変化して金利が上がると月々のローン返済額が増えてしまいますので注意が必要です。

このタイプを検討する場合は今後の金利動向を予測する必要があります。銀行ローンはこの金利タイプのものが多いです。

全期間固定金利タイプ

ローン返済中の金利が変わらないタイプです。

全期間固定金利タイプ

契約した金利が返済終了までずっと続きますので計画が立てやすいタイプです。金利が全く変化しないことと引き換えに、他のタイプと比べて少し高めの金利が設定されています。

フラット35はこの金利タイプになります。

固定金利期間選択タイプ

最初の一定期間(5年間とか10年間とか)の金利を固定しておいて、その期間が終了したら次の金利タイプを選択し直すタイプです。

固定金利期間選択タイプ

例えば、「子供が学校を卒業するまで」とか「子供が結婚して独立するまで」など、ある一定期間の返済額を固定したい場合に利用します。

ローンの種類と金利タイプの組み合わせ

住宅ローンの種類と金利タイプの組み合わせを表にまとめると次のようになります。フラット35と財形住宅融資には金利タイプが1つしかありません。

住宅ローンの種類 金利タイプ
銀行ローン 変動金利タイプ
全期間固定金利タイプ
固定金利期間選択タイプ
フラット35 全期間固定金利タイプ
財形住宅融資 変動金利タイプ(5年ごとに見直し)

住宅ローンの選び方

以下の例はよくある選び方です。

【例1】

しばらく金利は今のままのだろう。短期間の変動金利ローンを組んで、稼げるだけ稼いで早く返してしまおう。

【例2】

将来的に金利は上がると思っている。金利が安いうちに固定金利ローンを組んでしまおう。

【例3】

変動金利ローンを組みたいが金利上昇が不安。借入予定額の半分は変動金利ローン、残りの半分は固定金利ローンにして保険をかけておこう。

正直に言いますと選び方に正解はありません。これは金利の予測や人生プランが人によって異なるからです。

収入が多い人は多少の金利上昇にも耐えられますから変動金利タイプのローンを選んでも大丈夫ですが、収入アップがあまり見込めない人や、これから支出が増えそうな人は固定金利タイプのローンを選んでおいた方が無難かもしれません。

住宅ローンを比較するときの注意点

住宅ローンを比較するときはローン支払総額で比較することが重要です。

金利が少々高めでも、ローン保証料が不要、ローン手数料が無料という商品は、見た目の金利が安い商品よりもトータルで安く済む場合があります。

また住宅ローン商品の中には金利が一定期間だけ優遇される特典付きのものや、団体信用生命保険や火災保険の保障内容に特典が付いているものもあります。

住宅ローンを選ぶときは単に金利の安さだけでなく、トータルで見てお得なものを選ぶことが重要です。

まとめ

マンションを購入するときに避けて通れないのが住宅ローン選びです。いろんな金融機関から様々なタイプの住宅ローン商品が出ていて、はじめての人は少し難しく感じてしまうかもしれません。

でもローンの種類や金利タイプさえ分かってしまえば話は簡単です。マンション営業マンと商談するときに必ず出る話ですので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

この記事が少しでもお役にたちましたら、シェアをお願い致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
スポンサーリンク