失敗しない新築マンション購入術

【女性限定】8万人が受講した独身用マンション購入セミナー

この記事が少しでもお役にたちましたら、シェアをお願い致します。

【女性限定】8万人が受講した独身用マンション購入セミナー

ファミリー向けとはまた別の視点が必要になるシングル向けのマンション探し。特に独身女性の場合は、マンションに求める機能に女性ならではの切り口が加わります。

毎日忙しく働きながら隙間時間を使ってマンション探しを進めている方もいるでしょう。しかし一人で行動することに慣れているとは言え、全てのことを独学で行うには限界があります。大きな買い物、できることなら誰かに相談しながら進めたい、そんなあなたにピッタリなサービスをご紹介します。

スポンサーリンク

独身女性がマンションに求めること

私の妻は独身時代に一度マンションを購入しようとしたことがありました。物件は棟内に1LDKタイプの住戸しかないマンション。いわゆる単身者専用マンションです。

彼女がこのマンションを探す際に重要視していたことは次のようなことです。

駅近物件かどうか

結婚はせず、しばらく仕事を続けることを考えていたので、職場への通勤に便利な駅近の物件を狙っていたそうです。

駅近なら夜遅くなっても買い物ができる。駅近なら夜道で襲われる心配がない。駅近なら将来物件を賃貸に出すときに借り手が付きやすい。そんなことを考えながら物件を選んでいたのだとか。

セキュリティ設備が整っているか

オートロック、モニター付きインターフォン、監視カメラや巡回管理人など。とにかくセキュリティには神経を使っていたそうです。

単身女性ならではの不安と言いますか、エレベーターの乗り降りの際に死角になるような場所はないか、廊下を歩く時に死角になるような場所はないかなど、建物の構造を隅々までチェックしていたということですから相当な念の入れようです。

住戸の階数が適切か

日中は働いていて部屋にいないので、物件の日当たりや部屋の方角のことは気にしなかったそうですが、バルコニー側の防犯のために1階の住戸購入は絶対に避けていたそうです。

また高層階であれば、駅や繁華街の喧騒、車の音はそれほど気にならないだろうという考えで、価格が高すぎない適度な階数の部屋を検討していたそうです。(最上階は価格が一番高くなりますので避けていたそうです)

キッチン周辺の設備が使いやすいか

料理が趣味なので、キッチン周りもこだわっていたそうです。

その後、妻はこのマンションの購入はとりやめてしまうのですが、その理由が「キッチン台の高さが自分の身長と合わない」ことだったそうですから、このマンション販売業者はもったいないことをしましたね。キッチン台の高さを選択注文できるようにしておけば、購入寸前のお客が逃げることも無かったでしょうに・・・

独学の限界

妻は私と同じく不動産業界にいた人間です。一人でマンション探しをしていた時も、実はある程度「目利き」ができる状態でした。仕事で何百件とマンションを見ていたので、それなりの知識と相場観があったということですね。

当たり前のようにやっていた物件の取捨選択も長年に渡って身に付けた相場観があってのこと。もちろん営業マンとの交渉にも慣れていましたし、知識ゼロからマンション探しを始める一般の女性とはちょっと事情が異なっていたわけです。

マンションを購入するときは、”なるべく多くの物件を見て相場観を養え“、などと昔から言われているのですが、しかし冷静に考えてみれば不動産の購入なんて多くの方にとっては一生に一度あるかないかの出来事ですよね。

仕事として携わらない限り、知識ゼロベースから短期間で相場観を身に付けろなんて言うこと自体、そもそも私は無理がある話だと思うのです。

勿論、書籍やネットで情報収集することは大切なことです。今こうしてこのブログを読んでくださり、少しでも知識を得ようとするあなたのその姿勢は立派です。自発的な学習、マンション購入に失敗したくないならそれは今後も続けていくべきでしょう。

しかし独学のままマンション探しを進めるには限界があることも知っておいてください。

自分で言うのもナンですか、相手はあの百戦錬磨のエグい営業マンたちです。経験が浅い女性が一人でモデルルームなんかにやって来たら、「待ってました!」とばかりにあの手この手で営業トーク攻めにして途端に言いくるめるでしょう。(すみません、マンション営業マンはあなたが想像している以上に言葉巧みで強引な人種なんです)

できればマンション購入経験者があなたのそばについていることが望ましい。それもシングル女性用マンションに詳しい人。あなたの計画に沿ってマンツーマンで相談にのってくる人。あなたにはそんなアドバイザーが必要だと思うのです。

女性のためのかしこいマンション購入術講座

25年間も続いている累計80,000人以上の女性が受講した人気セミナーをご存知でしょうか。

セミナータイトルは「女性のためのかしこいマンション購入術講座」。一般社団法人・女性のための快適住まいづくり研究会というところが主催しているセミナーです。

このセミナー、受講した人は誰でも研究会会員(入会金無料・年会費無料)になれるのですが、会員になると以下のような特典が付いてきます。

資金計画のアドバイス

「60歳までに完済するための資金計画と繰り上げ返済計画」、「将来、マンションを貸した場合の家賃収入と毎月返済額のシミュレーション」、「住宅ローンの配分+組み合わせ計画」など、専門的な計画を立てることを手伝って貰えます。

情報収集と条件整理の支援

情報誌、折り込みチラシ、インターネット広告など、シングル女性用マンションの情報を一箇所に集めた会員専用施設(マンションライブラリー)を無料利用できるようになります。

施設の場所は銀座/自由が丘/大阪にあります。また、研究会が主催するミニセミナーやゼミなどのイベントへ無料参加できるようになります。

有楽町イトシア11階「銀座マンションライブラリー」

※写真は有楽町イトシア11階「銀座マンションライブラリー」

物件・不動産会社のチェック方法アドバイス

マンション販売業者がどのくらい女性ユーザーを重視しているかチェックする方法をアドバイスして貰えます。

現地見学やモデルルーム見学のチェック方法アドバイス

利便性や夜道の安全性などのチェック方法、モデルルーム確認箇所、営業マンの信用度チェック方法をアドバイスして貰えます。当ブログでもその辺のお話は何度かお伝えしていますが、これは経験を積まないと得られない知識ですので是非助言を受けたいところです。

あと、モデルルームへ見学に行く際に、会員を優先客として扱うようにマンション販売業者に対して研究会が紹介状を発行するところがユニークな試みだと思いました。

購入物件の最終チェック

マンション管理規約、長期修繕計画、重要事項説明書、不動産売買契約書の内容を最終チェックして貰えます。法律的な知識が必要となる部分ですので、この助言は心強いですね。

購入後のサポート

アフターケアもしっかりしています。マンション購入後の登記手続き、確定申告(住宅ローン減税)のやり方についてもアドバイスを貰えます。

逆に利用するくらいが丁度よい

この無料サービス、デメリットが全くないわけではありません。

今までにこの研究会の女性たちのアイデアや声を反映して企画されたマンションが900棟以上あるそうですから、会員になればおそらくその物件をセールスされることがあるでしょう。

研究会はボランティアではなく営利目的で運営されていますので、まあ、無料サービスと引き換えにこのようなセールスを受けることは当然覚悟しなくてはなりません。これはマンション営業マンが提携銀行の住宅ローン商品を顧客に売り込むのといっしょですね。

しかし研究会がおススメする物件を気に入るかどうかはあなた次第です。気に入らなければ断ってもよいのですから、マンション購入の知識を一通り教えて貰って、少し経験を積んでから良し悪しを判断すれば良いだけの話です。

この研究会と提携しているマンション販売業者の物件を購入すると会員割引やオプションサービスが付きます。メジャーな業者の多くが研究会と提携していますので、既にいくつか物件を検討されている方は情報収集する良いチャンスだと思います。

私だったら逆に利用してやろうと考えますね。とにかく知識を得るためにセミナーに参加して無料サービスを使い倒します。(研究会おススメ物件については条件が良ければ検討してあげても良い、研究会の利用価値が無くなればサヨウナラ、そのくらいのスタンスで参加すると思います)

それに、この手のセミナー/研究会の良いところは同じ目的の友達が見つかるということ。

あなたと同じ想いでマンションを探している人がまわりにたくさんいることを知る良い機会です。誰にも相談できずに孤独なマンション探しを進めるよりも、誰かと情報交換しながらの方がきっと楽しいですし、知識と経験が深まるスピードも格段に早くなるはずです。

誰にとっても新築マンションの購入は一生に一度あるかないかぐらいの出来事です。この人生の大きな買い物は「失敗は次へ活かせば良い」という類のものではありません。次が無いからこそ失敗が許されない、だからこそ細心の注意とプロの目利きが必要となるのです。

仕事や家事でなかなか時間が取れないというのであれば、このような専門セミナーを活用するのが一番の早道です。あなたもプロの「目利き」や「相場観」を最短で手に入れてみてはいかがでしょうか。

研究会HPにセミナー受講料半額券がありますので印刷して使いましょう。今なら受講料がケーキと紅茶付きで500円

スポンサーリンク

この記事が少しでもお役にたちましたら、シェアをお願い致します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログ 新築マンションへ
スポンサーリンク